本文へスキップ

黒にんにくで、医療費0円生活をめざします。

電話でのお問い合わせはTEL.0977-72-6006

黒にんにくゼミナール concept

黒にんにくへ→
黒にんにくゼミナール・もくじへ→

健康力満点のにんにく味噌漬けと
黒にんにくの共通点


健康を願って生のニンニクを食べる場合、
強い刺激や、食べた後の口の臭いが
気になるところです。
この欠点を補う方法として、
昔からよく行われているのが、
ニンニクを味噌漬けにして、
食べるというやり方です。
ニンニクを味噌漬けにすると、
ニンニクの強烈な刺激が抑えられて、
食べやすくなります。
また味噌がニンニクの
臭いを吸収するので、
臭いも気になりません。
味も風味もよいので、
健康づくりだけではなく、
日常の食品としても愛用できます。
また発酵食品の味噌の滋養が、
ニンニクの栄養とあいまって、
栄養価がグンと高まります。
こう書いていくと、
古人の考えついたにんにく味噌漬けは、
現代の発酵技術が作りだした、
黒にんにくと共通点が
たくさんあることに気づきます。
黒にんにくは特許技術で、
ニンニクの強い刺激や
臭いをマイルドにして、
食べやすくしたものです。
また栄養も熟成させることで
飛躍的にアップしています。
まさにニンニクの味噌漬けは
黒にんにくと
同じであることに気づきます。
もちろん両者は、
味や、その柔らかさが異なりますし、
味噌という発酵食品に漬けこむか、
ニンニクそのものを発酵させるか。
という製造方法が、
大きな違いではありますが。

さてニンニクを味噌漬けにすると、
ニンニクのもつ優れた効果の中でも、
体を温めたり、血流促進のサポートに、
特長があるといわれています。
体温が1度上がれば免疫力は5〜6倍も
強化されるというのが、
医学的な定説ですが、
まさに体の底力を養ううえで、
にんにくの味噌漬けは頼もしいかぎりです。
一方、発酵食品の黒にんにくも、
体の冷えの改善や血液さらさらの特長があり、
体を諸々の魔から守るという点では、
引けはとりません。
特に発酵によりポリフェノールなどの、
活性酸素と闘う成分が増加しているので、
日々の健康維持に食するうえでは、
その力は心強い限りです。
また原料の生ニンニクにはない
黒にんにく特有の有益成分も生じています。
古くから伝わる味噌漬けに対して、
黒にんにくは科学技術で、
濃密な滋養を醸し出しているのです。

源氏物語の帚木の段には、
恋人の訪問を受けた女性が、
「極暑の薬草を飲んだので会えません」と、
面会を拒否するくだりがあります。
極暑の薬草とは実はニンニクのことで、
その臭いが強いので今日は
会えないといっているのです。
女性特有の美意識ですね。
現代のように薬が充実していなかった
平安の世では、
源氏物語にも描かれているように、
ニンニクは健康を作るうえでは、
欠かせない大切な食品でした。
その庶民の知恵からにんにく味噌漬けが
考案されていき、
それがやがて現代の発酵食品の
黒にんにくの誕生へと繋がっていったのです。


黒にんにくの通販
黒にんにくは通販で、
お客様にお届けいたしております。
>>「特許の黒にんにく」を購入する

医療費0円生活実現のために
「タオのかまど」は黒にんにくをおすすめいたします。


黒にんにく→