本文へスキップ

黒にんにくで、医療費0円生活をめざします。

電話でのお問い合わせはTEL.0977-72-6006

黒にんにくゼミナール concept

黒にんにくへ→
黒にんにくゼミナール・もくじへ→

膝や肩の痛みと黒にんにく!


黒にんにくは消炎を目的とした
食品ではありませんから、
黒にんにくが膝痛や肩こりを、
直接治すということはありません。
しかし、黒にんにくを食べてから
体の痛みのことを、
いつのまにか忘れてしまっている、
というお声を、
お客様から頂くこともまた事実です。

体の痛みが起こる原因のひとつに、
血の巡りが関係しています。
痛みは筋肉のケガや疲労で、
痛み物質が生じて、
それを神経が感知して、
脳が痛みとしてとらえています。
その際、この痛み物質が、
血液と共に流されてゆけば、
慢性的な痛みは生じませんが、
血流が滞ってしまうと、
体の各部所、
たとえば膝や肩に、
いつまでも炎症として、
痛みが生じてしまうのです。

古来から痛みに対して、
ニンニクが良いと言われているのは、
ニンニクの持つ血行促進の
働きがあります。
成分のアリシンが血流を促し、
それにより肩や膝に停滞した
痛み物質の掃除が
行われるのです。

またアリシンそのものに
痛みを抑える働きもあり、
体の痛みを鎮めていきます。
ニンニクはビタミンB1が
豊富な食品ですが、
ビタミンB1は、
この痛み物質を作らないように
働きかける作用があります。
こうしたことが、
ニンニクは痛みによい食品であると、
言われてきた理由です。

さてこのニンニクを熟成させた
黒にんにくですが、
黒にんにくには、
アリシンが変化した
S-アリルシステインが含まれています。
S-アリルシステインは
痛みを誘う活性酸素と闘ったり、
体に生命力を充実させる働きがあるほか、
辛い痛みへの働きが期待できる成分です。

またニンニクを熟成後、
ポリフェノールの含有量も増えて、
血行促進の働きは強化されています。
そうした面でも、
黒にんにくは肩や膝の
痛み軽減のサポートをいたします。

しかし前述しましたように、
黒にんにくは消炎を目的とした
食品ではありません。
まずはマッサージや湿布などで、
肩や膝のケアを十分されることが
痛み解決の早道です。
特に肩の痛みは、
背骨へ圧力をかけ、
その結果、腰や膝がストレスを受けて、
痛みを生じることも多いのです。
肩の痛みは、腰、膝と
連結していますから、
肩のコリをとる手当てをじっくり行い、
そのうえで黒にんにくを
召しあがると、悩みの解決を
サポートしてくれるでしょう。


黒にんにくの通販
黒にんにくは通販で、
お客様にお届けいたしております。
>>「特許の黒にんにく」を購入する

医療費0円生活実現のために
「タオのかまど」は黒にんにくをおすすめいたします。


黒にんにく→