本文へスキップ

黒にんにくで、医療費0円生活をめざします。

電話でのお問い合わせはTEL.0977-72-6006

黒にんにくゼミナール concept

皮捨てないで〜
黒にんにくの皮のスープ

>>あなたの免疫をサポートする特許の「酵素蒸し」有機黒にんにく

むいた黒にんにくの皮、
どうしてらっしゃいますか?
「捨ててるけど・・・」と、
おっしゃる方が多いのですが、
今回は黒にんにくの皮の
画期的な活用法をご紹介します。


黒にんにくの皮でスープを作る!


玉葱の皮にデトックス効果があるのは
よく知られていますね。
ダイエットや体調管理に気を使われる方は、
玉葱の皮を煮出して、
スープにして飲まれているとか。
実際、愛用されている方々も
最近増えているそうです。

さて生ニンニクの皮にも、
玉葱同様、思いがけない栄養が、
たっぷり含まれています。
生ニンニクの皮の主な成分には、
まずペクチンがあげられます。
ペクチンとは食物繊維の種類のひとつで、
腸内環境を整えるのに、
とても力を発揮する成分です。
腸内の善玉菌のエサになり、
そのおかげで善玉菌が増えて、
悪玉菌の繁殖が抑えられます。
また腸内の有害物質や腐敗物質を
吸着して便として体外へ排泄します。
その際、腸の運動を自然に促すことで、
便秘や下痢を改善してくれます。


ニンニクの皮はおなかに優しいのです。

腸内環境が整うということは
免疫力もあがりますので、
健康パワーを体に与えてくれます。
また食後の血糖上昇を緩やかにするほか、
コレステロールや脂質の吸収を
抑える働きがあります。

またニンニクの皮には、
活性酸素を抑える、
抗酸化物質のフェルラ酸が、
含まれています。
活性酸素は細胞を傷つけ、
老化や病気の元となるものですが、
フェルラ酸はその活動を抑制します。
生活習慣病は活性酸素の働きが
とても大きな要素となっていますから、
生活習慣病に関心がある方には、
その対策が期待できる成分です。
フェルラ酸は若々しい健康な体を維持します。



同じ抗酸化物質の
ヒドロキシけい皮酸も、
ニンニクの皮に含まれる成分です。
ヒドロキシけい皮酸も、
フェルラ酸同様に
活性酸素を抑制して、
抗酸化、抗炎といった働きをします。
またこの成分は、
紫外線でダメージを受けた肌の美白効果や、
細胞の再生を促す働きがあり、
美容効果が高い成分です。
美容効果として外用の研究がされています。
ほかにシナピン酸や、
6種類の抗酸化物質を、
ニンニクの皮は含有しています。



またニンニクの皮の成分特長として、
植物の疾患の改善に、
大きな効果が見られるということです。
ニンニクの皮からの抽出成分は、
「さまざまな植物病原菌に対する
高活性な抗菌性物質」であると、
弘前大学の論文に書かれています。
植物の疾患改善ということは
抗菌作用が高いということであり、
人への健康効果が期待できることから、
今後の研究が待たれているという
声があります。

さてこれほどの、
栄養成分を含むニンニクの皮ですが、
このニンニクを熟成させて、
栄養がグンとアップしたのが黒にんにくです。
ですから黒にんにくの皮をむいたあとは、
そのまま捨てるのは、
大変勿体ないと思うのです。
さてそこで、玉葱の皮のように
スープにしてみてはいかがでしょうか。
野菜などの皮をスープにすると、
とても健康効果が高いことがわかっています。
黒にんにくも同様です。
味付けは和風、洋風、中華と、
お好みのだしを使いましょう。
各種のスープストックを使えば、
おいしいお好みのスープが、
手軽にできますね。

さてテイストが決まったら、
コトコトと煮て茶色くなって、
皮の栄養分が出て来たら、
皮をこしていただきましょう。
または皮をこした後に
お好みの具材を入れて煮て、
お召し上がり頂いてもOKです。



人によっては、そのまま煎じて、
漢方薬のようにして飲まれる方も。
ダシやスープストックは使わずに、
水で煎じて、
最後に昆布茶や塩昆布などで、
味付けをするのだとか。
あなたもお好みの味つけて、
黒にんにくの皮のスープを、
お楽しみください。




特許の黒にんにくの詳しい説明はこちら》》


  
原 材 料:有機にんにく(国産)
内 容 量:6個
4,212円(税込)

・黒にんにくの通販
>>「特許の黒にんにく」を購入する

お得な定期2箱セット(送料無料)
お得な3箱セット(送料無料)もございます。

電話でのご注文・お問い合わせは
TEL.0977-72-6006
〒879-1505 大分県速見郡日出町川1612−1