本文へスキップ

黒にんにくで、医療費0円生活をめざします。

電話でのお問い合わせはTEL.0977-72-6006

黒にんにくゼミナール  concept

黒にんにくへ→
黒にんにくゼミナール・もくじへ→

つややかな肌とニンニクパック


血液の循環を促すニンニクは、
昔から食べる美容法といわれてきました。
ニンニクは血液を浄化して、赤血球を増やしたリ、
体の隅々に新鮮な酸素を届けるという、
「若さのビタミン」とも呼ばれる、
ビタミンEに似た働きがあるのです。
新鮮な血液が体中によくめぐれば、
細胞はイキイキ、ピカピカ。
輝く美肌作りにはもってこいの食品です。
化粧品などで外側から美しくする方法も、
女性にとってはまた楽しいものですが、
根本的な美容法としては、
体の内側から素肌はピカピカにしたいもの。
ニンニクはその点、そうした力を誇る、
理想的な食品です。
またニンニクはお通じにも良いので、
お腹をお掃除してくれます。
便秘などのお肌の大敵が改善されると、
にきびや吹き出物などの悩みも癒されますね。

お腹の中からお肌づくりをしてくれる、
このニンニクの成分を、食べるだけではなく、
パックで利用するという方法も、
昔から伝えられています。
方法は簡単です。
カップ半分ほどの小麦粉に水を加えて、
ドロドロに溶かします。
固さは天ぷらの衣よりも少し固めで、
肌にとってたれない程度。
この小麦粉の1パーセントくらいの量のニンニクを、
すりおろして混ぜ合わせて使ってください。
なお手が込んだ方法としては、
ニンニクとハチミツを半々に混ぜたあとに密封し、
三か月ほど寝かせて使う、という作り方もあります。

ニンニクは肌の新陳代謝を盛んにして、
シミやザラついた肌には効果的。
ある実験によると、肘の外側のたこや、
足裏のすわりだこが、このニンニクパックで
柔らかくなり、表皮の角質層がとれた、
という報告も。

ただしニンニクは刺激が強い植物です。
過敏症の肌の人は、くれぐれも注意して、
使ってくださいね。
いきなり顔につけることなく、
必ず腕の内側の柔らかい皮膚などに塗って、
試してみてください。
赤くなったり、ヒリついたときは、
すぐに洗い流し、
ニンニクの量をもっと少なめにしするか、
それでもダメな場合は使用を中止してください。、


黒にんにくの通販
黒にんにくは通販で、
お客様にお届けいたしております。
>>「特許の黒にんにく」を購入する

医療費0円生活実現のために
「タオのかまど」は黒にんにくをおすすめいたします。


黒にんにくへ→