本文へスキップ

医食同源「タオのかまど」は、医療費0円生活をめざします。

電話でのお問い合わせはTEL.0977-72-6006

玄米酵素「田島酵素」で、医療費0円生活をめざします。

医食同源の玄米酵素「田島酵素」
独創の「天然二段熟成」
「玄米三千年の生命力」これが田島酵素のチカラ
田島酵素の購入
「知って驚く!」酵素教室

information医食同源の玄米酵素「田島酵素」

店内イメージ

田島酵素は、
玄米から生まれた酵素です。
玄米といえば、
古くから養生食の代名詞。
その優れた滋養の高さと、
栄養バランスは、
完全食と称されています。
我が国では体を癒すには、
民間療法でもこの玄米を
用いてきました。
玄米はまさに、
医食同源の王者です。

その玄米の中でも、
一番滋養の高い、
胚芽と表皮の部分を主原料に、
田島酵素は生まれました。
体を目覚めさせる、
玄米特有の必須アミノ酸や、
ミネラルが豊富です。
さらにSODや
βーグルカンなど、
田島酵素には、
現代人の体が今必要とする、
有効成分に満ちています。
しかも砂糖で酵素を抽出した、
従来の酵素製品とは異なり、
田島酵素は、
砂糖を一切使っていません。
天然発酵だけで、
得られた酵素ですから、
糖が気になる方や、お子様、
健康を気づかわれる方には、
安心してご愛用頂けます。
成分が腸にシッカリ届く、
医食同源「玄米酵素」の力を、
ぜひご体験ください。

120g(4gx30包)6,350円
>>田島酵素の購入


天然発酵で玄米から酵素を抽出。
独創の「二段熟成」から
生まれた粉末酵素です。

田島酵素は
大麦・小麦・大豆の雑穀を
天然発酵させたエキスに、
主原料となる、
玄米の胚芽と表皮を加えて、
天然二段熟成させた、
粉末状の玄米酵素です。
抽出には砂糖を使わず、
屋内の自然乾燥設備で、
じっくりと天然発酵させて、
酵素をかもしました。
従来の酵素製品とは、
一線を画す製品です。


●大麦

●小麦

●大豆


「玄米三千年の生命力」
これが田島酵素のチカラです。


120g(4gx30包)6,350円

●玄米の力が強く息づいています

 主原料の玄米エキスを、
 自然発酵させて
 生まれたのが田島酵素です。
 昔から健康づくりの王道として
 用いられてきた玄米の生命力が、
 体にシッカリ届きます。
 いつでも、どこででも、
 お召し上がり頂ける、
 粉末タイプの酵素です。
>>田島酵素の栄養成分
>>田島酵素の購入

●玄米食ができない方に
 胃腸や歯が弱くて、
 玄米食が出来ない方、
 無理な方、苦手な方の、
 栄養補給にご利用ください。

●砂糖不使用の玄米酵素
 砂糖を一切使わずに、
 天然発酵により生まれた
 酵素ですから、
 糖やカロリーが気になる方、
 お体の健康を気づかわれる方、
 発育盛りのお子様にお奨めします。



●腸にシッカリ届きます!
 お通じの悩みに嬉しい変化が。
 朝、目覚めると、
 玄米酵素の力を実感できます。

●老化やストレスと闘う体に
 玄米がもたらす若々しさと命の力。
 人生を強く生きる逞しさを維持します。
店内イメージ
●ダイエット食として
 1袋、15.68kcal。
 玄米の栄養が、
 健康的かつ計画的な、
 ダイエットを実現します。

●お肌をいたわりたい方に
 肌は腸の状態を映しています。
 腸を癒すと輝く素肌に。

●懐かしい玄米粉の風味
 お口に広がる昔のおやつの味。
 飽きの来ないおいしさです。

●携帯に便利な粉末酵素
 1包が4グラムの小さな袋入り。
 いつでもどこででもご利用頂けます。
 >>田島酵素の購入



■玄米酵素の田島酵素ができるまで
〔1〕雑穀の熟成
   洗浄した大麦・小麦・大豆を
   煮詰めて発酵させて、
   エキスを抽出します。

〔2〕二次熟成
   雑穀抽出エキスに、
   玄米の胚芽と表皮を加えて、
   さらに二次熟成。

〔3〕粉末化
   低温乾燥させた後、
   加熱して粉砕、粉末化。
   こうして田島酵素が
   出来上がります。

■丁寧な天然発酵店内イメージ
 発酵とは自然のなせる業。
 機械類では真似できない、
 微妙な法則が支配します。
 田島酵素は、
 屋内の自然な環境で、
 丁寧な管理のもとに、
 発酵・熟成されています。


田島酵素の購入


医食同源の玄米酵素
田島酵素
田島酵素
120g(4gx30包)

6,350円
★お支払い・送料について

■お召し上がり方
 1日1〜2包を、
 水またはぬるま湯、
 牛乳、豆乳などで
 お召し上がりください。
 いつお召し上がり頂いても結構です。

●商品名  田島酵素
●名 称  穀物発酵加工食品
●原材料  玄米の胚芽、
      玄米の表皮、
      大麦、小麦、大豆、
      デキストリン
●内容量 120g(4g×30包)
●保存方法
 高温多湿の場所を避け、
 なるべく涼しいところに
 保存してください。


知って驚く酵素教室

もくじ→

医食同源の王道「玄米食」

医食同源の食事といえば、
真っ先に浮かぶのが玄米食です。
玄米にはデンプン、油、タンパク、
ビタミン類、ミネラルなど、
人間が健康に必要な栄養素を、
すべて含んでいます。
ビタミン類はB1、B2、B6、E、Kを含み、
リノール酸やリノレン酸、
食物繊維、酵素など、
体によい成分がギッシリ。
完全食といえる内容です。
玄米を主食にした場合には、
「一汁一菜」でも、
栄養的には大丈夫です。
また玄米はどんなに古くても、
土に撒けば必ず芽を出します。
この生命力に満ちた
米を食べるのですから、
体が健康に戻っていくはずですね。


デトックスの力

玄米の繊維質は、
白米の6倍の量で、
体内の不純物や
有害物質を
吸着して排泄するほど、
吸着力が強力。
玄米を食べると、
健康になる一つの理由に、
このデトックスの
作用があります。


お通じと玄米

玄米の繊維質は、
胃では消化されないまま、
腸に届きます。
腸で水分を吸収すると、
かさが膨らみ、
便の量が増えることに。
これが腸の運動を活発にし、
お通じを促します。


玄米を「噛む」効果

玄米には食物繊維がたっぷり。
ですからよく噛んで
食べる必要があります。
またよく噛むと唾液が
たくさん分泌されますが、
唾液にはアミラーゼなどの
消化酵素が含まれています。
また細菌などの微生物の
増殖を抑える作用があり、
免疫力を引き上げます。


ガンと玄米

世界で初めて、
玄米から抗ガン成分を発見して、
世界から注目を浴びているのが、
「がん患者は玄米を食べなさい」
(現代書林刊)の著者、
伊藤悦男先生です。
(琉球大学名誉教授)
先生は玄米から2種類の
抗ガン成分を発見しました。
免疫賦活作用を有する成分RBAと、
ガン細胞が自ら死んでいく成分RBFです。
玄米は昔からガンなどの難病によい、
といわれてきましたが、
その作用が先生の手で、
科学的に解明されていきました。


玄米の乾飯を食べて、江戸から京都を駆け抜ける

江戸時代の飛脚は、
江戸京都間約408キロメートルを、
今の時間で60時間以内で走り切り、
荷物や手紙を届けなければ
なりませんでした。
神業とも思えるこの飛脚たちの食事は、
玄米の乾飯(ほしいい)と漬物を、
1日2食たべるだけだったとか。
玄米には完全食といえるほど、
豊富な滋養が含まれていますが、
その力を歴史が、
実際に証明しているようです。


なるほど養生訓

もくじ→

ガンを退治する
NK細胞の活性化の仕方


NK細胞は、ガン細胞を攻撃してくれる
免疫細胞です。
この細胞は体温が脇の下の温度で
36.5度以上になると活性化する、
という特長があります。
また逆に35度台の低体温になると、
その力が弱まります。
ですからこの細胞を活性化させるには
体の体温を上げることが重要です。

簡単に体温を上げる方法として
お勧めなのが入浴です。
40度程度のぬるめのお湯に、
15分から20分ほど、
ゆっくりつかって体を温めると、
NK細胞は活性化します。

またガンになりやすい性格とは、
自己犠牲的で我慢強い、
周囲と調和を優先し、
真面目で几帳面な性格です。
一言でいうと、
ノーと言えない「いい人」です。
ですからそういう性格をやめてしまう、
ということも、
NK細胞を断然活性化させます。
感情をため込まず、
悲しい時も、怒った時も、うれしい時も、
その時々の感情を素直に表すと、
心は爽快、ストレスが溜まりません。