本文へスキップ

医食同源「タオのかまど」は、医療費0円生活をめざします。

電話でのお問い合わせはTEL.0977-72-6006

美食同源 ‐ 美しさは健康のかぎH2

いい石鹸の見分け方
ご存知ですか?


以前ビジネスホテルに泊まった時のことです。
2日間くらいだからまぁいいやと、
荷物を減らしたいばかりに
自分の洗顔石鹸を持たずにでかけたのです。
ところが備え付けの石鹸を使ってびっくりしました。
たった1日使っただけで、
皮膚がかさかさになってしまったのです。

それまで、友人や姉から「これいいわよ!」
と聞いた石鹸を、何も考えずに使ってきましたが、
こんなひどい石鹸もあるのかと驚きました。

それがきっかけで、少し石鹸について調べてみました。

手作り石鹸を作る方もいらっしゃいますが、
石鹸ってどうやって作るのかご存知ですか?


--------------------------------------------------------------------------------

昔ながらの製法は
まず、油脂(牛の脂とかヤシ油、オリーブ油)
を熱して、そこに苛性ソーダと水を加えて
ゆっくり反応させます。
すると石鹸とグリセリンが出来上がります。
このグリセリンを塩水で分解させて
石鹸成分だけを取り出して石鹸が出来るのですが、
この時刺激の強い苛性ソーダや、
洗浄力を弱める油脂をなるべく残さずに、
適度にグリセリンを残して石鹸を取り出すのが、
石鹸職人の腕だったそうです。
原料となる油脂が持っている
グリセリン、ビタミン類、エモリエントオイル
などの成分を石鹸にいかにして残すか
という技術が必要だったわけです。

しかしこの方法は時間がかかります。
現代の大量生産には向いていないのです。
では大量生産の石鹸は
どのようにして作られているのでしょう?

大量生産するためには
あらかじめ油脂を加水分解によって
脂肪酸とグリセリンに分けてしまいます。
その脂肪酸に苛性ソーダを混ぜて石鹸にするのです。
ですから、グリセリンやビタミン類は
はじめから入っていないのです。
で、どうするかと言えば
後から合成のものを添加するわけです。
この方法ではアルカリが残留しやすく、
刺激の強い石鹸になってしまします。
そこで、油脂を多めに残します。
油脂を残すと腐りやすい。
それで、防腐剤を配合しなければならなくなるのです。
そんなひどい石鹸がまかり通っているのです。
防腐剤は、石鹸の成分表示に
「エデト酸塩」という名前で表示されています。
そんな石鹸はなるべく使いたくないですね。


--------------------------------------------------------------------------------

では、どうやっていい石鹸を
見分けたらいいのでしょう?
それはかっちりと堅くて透き通った石鹸を選ぶ事です。
透き通った石鹸はよく煮あげられて、
よく攪拌されて作られている証拠です。
分子がきれいに並ぶと石鹸は透明になるのだそうです。
そういう石鹸は油脂の中のいい成分も
ちゃんと残っていて、しかも刺激が少ないのです。

美しい肌を保つ上で石鹸は基本です。
化粧品よりも一番大切な物だと
言ってもいいと思います。
石鹸ブームといわれ、
まわりにはいろいろな石鹸があふれているますが、
石鹸の本来の姿を知って、
よりよい石鹸を賢く選んでいきたいものだと思います。


美しい肌を手に入れる
5つのポイント


1.洗顔は泡でつけおき洗い


透明のいい石鹸を手に入れたら、
手の上でよく泡立てて、泡でパック
するような感じで使ってください。
泡立てネット(100円ショップでも売っています)
を使うと、少量の石鹸で簡単に泡立ちます。
そして絶対にゴシゴシこすらず、
30秒くらい泡を顔に塗ったまま、
つけおき洗いをします。
洗い流す時もゴシゴシせず、
水をパシャパシャして落とします。
「タオのかまど」がおすすめするゲルマソープ→


2.界面活性剤の入った化粧品は使わない


乳液やクリームなどの化粧品には
油と水を混ぜるため界面活性剤が入っています。
(化粧品の成分表示をお確かめください)
この界面活性剤は肌に必要な水分を連れ出して、
不必要な油分を連れてくるという性質があって、
肌にはよくありません。
「タオのかまど」がおすすめするゲル&ゲル→


3.日焼け止めクリームは、なるべく使わない


日焼け止めにはチタンをはじめ金属物質
多く含まれています。
それを皮膚につけて直射日光を浴びるのですから、
化学反応が起きます。
日に焼けなくても、
それが肌が黒ずみくすみの原因になるのです。
日焼け止めには紫外線散乱剤、紫外線吸収剤などが
含まれていますが、
特に皮膚刺激の大きい紫外線吸収剤を使用したものは
使わないようにしたいものです。
日傘やつばの広い帽子などの
紫外線対策を心がけましょう。
薬草の力で日焼け対策を!
ドクダミローションの作り方を紹介しています→



4.なるべく化粧をせず、いい石鹸で何度も顔を洗う


必要な時以外はなるべくお化粧をせずに過ごします。
だんだん肌のきめが整ってくれば、
ファンデーションを塗らなくても、
少しくらいのシミは目立たなくなるし、
眉、アイシャドウ、口紅くらいの
ポイントメークでよくなっていきます。
ファンデーションを塗っていなければ、
顔をざぶざぶ洗う事も気軽にできるのです。
「タオのかまど」がおすすめするゲルマソープ→

5.夜10時以降は物を食べない


バター、牛乳、チーズなど乳脂肪分をとらない
お肌の再生時間は
午後8時時から夜中の2時と言われています。
また、午後10時から2時までは
成長ホルモンがもっとも活発に働きます。
その時間帯に起きていたり食べたりするのは、
お肌の再生の邪魔をしているようなもの。
できれば その時間帯に就寝するようにすると、
肌の再生がスムーズに行われます。


皮膚の再生には4週間かかります。
言い換えれば4週間で、
皮膚はすっかり新しく生まれ変わるという事です。
この5つのポイントを
まずは4週間実行してみてください。



shop info.店舗情報

医食同源「タオのかまど」


03-3307-1747



腸からお肌をきれいにする
熟成黒にんにく→

美肌・ダイエットにも
野草酵素・萬葉→



医食同源の玄米酵素「田島酵素」