本文へスキップ

玄米酵素「田島酵素」で、医療費0円生活をめざします。

電話でのお問い合わせはTEL.0977-72-6006

酵素と健康

医食同源の玄米酵素「田島酵素」へ→
「知って驚く!」酵素教室 もくじへ→

ウツと酵素の関係


心がウツ気分に落ち込んでいるときは、
腸の活動は不活発です。
体温も低めで、お通じも快調とはいえません。
こうした状態では、
体内酵素は活性化していません。
感情と腸の活動、代謝、酵素は相互関係があり、
体内酵素が効率的に使われるには、
心がハツラツとした状態が理想的です。

積極的な生き方をしている、
やる気満々の人がいますが、
総じてそういう人たちは血色も良く、
体温も高めです。
心がパワフルだと腸の調子も快調で、
体内酵素が活発に使用されています。

ウツは脳内神経物質のセロトニンの減少が、
原因だといわれています。
セロトニンとは心身の安定や、
心の安らぎをもたらす脳内物質で、
このホルモンが不足すると、
やる気を失い、暗く落ち込んでウツになる、
といわれています。
ウツになる方は責任感が強くて、
真面目な性格の方が多く、
ウツを発病する前に、
深刻なストレスに悩んでいたことがわかっています。
それが結果的に脳内のセロトニンを減少させて、
ウツ状態を招いてしまいます。

精神がウツ状態になりつつあるときは、
体を動かして汗をかいたり、
温泉に入って体温を高くする、
仲間と大声で歌を歌う、
おいしいものを食べるなどして、
心を明るい方向に向けることが重要です。
こうしたストレスを発散する行動で、
腸の働きや腸内細菌は活発化し、
体内酵素も効率よく使われます。
酵素の働きが良い時は、血色も戻り、
いつしかウツ気分から解放されています。

医食同源の玄米酵素「田島酵素」は、
腸の働きや腸内細菌は活発化し、
ウツ気分を晴らすお手伝いをします。

医食同源の玄米酵素「田島酵素」